京都の老舗喫茶店をめぐる旅。イノダコーヒー本店でモーニングを。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

行列がきらいだ。観光地で行列に並ぶことほど苦手なことはない。

けれども。ずっと行ってみたいなと思って、のばしのばしにしていた場所があることを思い出した朝。

大きな暖簾が印象的なイノダコーヒー。東京にも支店があるのだから、わざわざ行かなくてもいいじゃないかと思いつつ、どんな雰囲気なのか知っておきたくてのぞいてみた。

吹き抜けのホールのような本館は、広々としていて気持ちがいい空間。大きなガラス戸からは、外の木々が生い茂っている様子が見える。

蒸し暑い京都の朝を、外のテラスで涼しげに過ごしている地元の人たち。常連さんが気さくに話す相手は、きびきびとお店を回す店員さん。

常連さんに話しかけられた店員さんは、きびきびした表情をガラッと変えて「その人自身」になって世間話に花を咲かせる。

そうそう、こんな日常が見たかった。いくら観光客に人気スポットになって、どんなに並んでも、常連さんという存在がいて、その人の居心地の良さを軸に回っているような、そんなお店の素の顔こそ、わたしが好きな姿。

 

今日は京都のコーヒーといえばコレ!な「イノダコーヒー本店」をご紹介します。

 

京都の老舗喫茶店をめぐる旅。イノダコーヒー本店 店舗外観

大きな茶色の暖簾。どこかの雑誌で見たことのある方も多いでしょうね。

お隣はトリコロールカラーが印象的は焙煎所なのかな?レトロで可愛いですね。

京都の老舗喫茶店をめぐる旅。イノダコーヒー本店 店内

平日の朝9時過ぎなのに、10人くらい並んでいました・・・!店内は広いのに、こんなに並ぶとは。と思いましたが、10分待たないで入れたので、タイミングによるかもしれませんね。

本館の吹き抜けがあるエリア、そして入口の焙煎所かと思った場所も喫茶室でした。

奥には別館もあるみたい・・・近くにも支店があるし、すごい人気ですね。

外の緑がとてもきれいで、ゆったりと過ごせる朝。京都人の暮らしが少しだけのぞけるのがたのしい。

朝から着物でランチしている奥さま、いらっしゃいますからね。

 

京都の老舗喫茶店をめぐる旅。イノダコーヒー本店モーニングのメニュー

今朝は軽めに済ませたかったのでロールパンセットを。しっぽまでカリカリのエビフライがサンドされています。

うれしいポイントが、飲み物またはスープが選べるところ。この日はポタージュスープでした。

そう、イノダコーヒーへ行ったのに、胃がコーヒー疲れしていてスープにしちゃいました。フタ付きの小さなポットに入ったスープがからだに染み入ります。コーヒーはまた今度。

仕事前にのんびりと新聞を読むサラリーマン、近くに住んでいそうな親子、商談に訪れている人たちなど、さまざまな「ふだんの暮らし」をのぞけるのが喫茶店のよいところ。

 

ぜひ京都の朝をイノダコーヒーでどうぞ。

 

京都の老舗喫茶店をめぐる旅。イノダコーヒー本店 店舗情報

イノダコーヒー本店

 

知られざる街の魅力をお届けします

 

有楽町駅すぐ、ビルの地下にある「はまの屋パーラー」のサンドイッチが絶品でした。 スペシャルサンドイッチは、あつあつのぶあつい玉子入りで味のバランスがちょうどいい! 小さく切り分けてくれているのもうれしいポイント。 レトロな店内には、懐かしのアレがありました。 有楽町へ立ち寄るのが楽しみになるお店です。 #かもめと街の東京案内 #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #hanako #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとり旅女子 #有楽町 #喫茶店 #喫茶店好き #銀座カフェ #銀座 #銀座ランチ #有楽町ランチ #はまの屋パーラー #サンドイッチ #sandwich #喫茶店巡り #喫茶店めぐり #喫茶店好きな人とつながりたい #純喫茶

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK