文具好き女子必見!文具女子博2018、注目の内覧会をレポート!

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
アバター
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

ふだん使うものこそ、お気に入りを揃えたい。

ほんの少しのこだわりを持ってモノを選べば、毎日楽しく過ごせるきっかけ作りができるものです。

大人になって気づいたことは「かわり映えしない毎日でも、自分の好きな道具を使えば、楽しくなるスイッチが作れる!」という発見でした。

そんなスイッチを探しに、今日は文具好きの集まるお祭り「文具女子博2018」へ!

明日12月14日(金)から16日(日)までの3日間開催される、「文具女子博2018」の内覧会レポートをお届けします。

こちらの記事では概要や、わたしが購入したものなどをご紹介しています。気になるアイテムは「文具好き女子必見!文具女子博2018で気になったアイテム」でも合わせてご紹介しています!

 

「文具女子博」とは

文具女子博

画像提供:毎日、文房具。

文房具好きにはたまらない、文具メーカー123社が集まる大型イベント!

昨年開催された、第1回文具女子博では延べ25000人が訪れたという、日本最大級の文具のお祭りです。

 

「文具女子博」2018年のおすすめポイント

  1. 会場スペースが2倍に
  2. 取り扱いアイテムも2倍に
  3. 限定商品もたくさん

昨年の開催時より、会場スペースもレジの台数も増やし、スムーズに買い物できるようにされたとのこと。また参加メーカーも2倍になり、さらに見ごたえ抜群になっているそう!

文具好きにはたまらない、懐かしの文房具ピンバッチなどの限定商品も登場し、見どころが目白押しです!

文具女子博

画像提供:毎日、文房具。

さっそく、今年の「文具女子博」をレポートします!

 

 

SPONSORED LINK

 

文具女子博 (2018年版)へのアクセス

文具女子博の会場は、「東京流通センター 第二展示場 Eホール・Fホール」。
東京モノレール「流通センター駅」すぐ、またはJR「大森駅」東口から京浜急行バス(約12分)で「流通センター前」まで。

東京モノレール「流通センター駅」の改札を出て左に進むと、広場に出るので、右手前のビルへどうぞ。

流通センター駅の改札出ると、こんなかわいい看板が。野鳥の見える公園が近く。

会場入口

 

入場料500円(現金または交通系ICカードの支払いも可能)で、再入場できるそうなので、ゆっくりと1日かけて回ることもできますよ。

東京流通センター内にはタリーズコーヒーとローソンがあるので、ちょっと休憩したい方はそちらへ。

 

ちなみに「女子博」と名前がついていますが、文具好き男子も入場できるのでご安心を!

文具女子博 会場内の様子

文具女子博の会場、まずはフォトスポットから。クリスマスツリーに飾られてるものは、なんと文具!

文具女子博

 

去年行けなかったため、比べることができないのですが各ブースとも広々としていて商品が見やすいですが、めあてのメーカーをあらかじめリサーチしておいて、入口でもらえる会場マップを見てまわるのがおすすめ。

2フロアに分かれているので、買い逃しのないようにどうぞ・・・!

 

会場には、お洒落なものからシャレの効いたアイテムまでずらり。最近流行りの昭和レトロなデザインのものや、マスキングテープなどもずらり。

文具女子博 文具女子博

 

台湾や韓国の文房具コーナーもポップで懐かしい感じがいい!買い逃したことを後悔しています。

文具女子博

 

 

文具好きならみんな大好き・ロディアの限定色のノートがかわいい!淡いカラーリングが冬の寒さで縮こまりそうな体を温めてくれそう。大人も使えるかわいさ。

文具女子博 文具女子博 文具女子博 文具女子博 文具女子博

 

多くのブースで、まとめ買いでマスキングテープなどのノベルティがもらえるキャンペーンも行っていましたよ!

 

文具女子博 わたしが思わず買ってしまったアイテム

文具女子博で思わず購入してしまったものをご紹介します。

シヤチハタチーク/シヤチハタ 

「文具女子博」でいちばん気になったもの。それは、誰もが1本は持っているシヤチハタの印鑑をモチーフにしたコスメ!

文具女子博 文具女子博

 

キャッチーでアイデアたっぷりのアイテムですが、使い心地も抜群。朝のメイクタイムを短縮できるお役立ちアイテム。天然ミネラルパウダー使用なので、お肌にも優しそうなんです。

こちらは文具女子博での先行発売で、限定価格で販売しています!今後はネットで販売予定とのこと。ふだんこういうのを使わないタイプなのですが、これは気になっちゃいました。

メイク時間を1秒でも減らしたい文具女子、ぜひ。

 

ハイタイド

おしゃれな文具ブランドといえば「ハイタイド」。

文具女子博

ネット通販でのみ販売しているという、メタルブックレスト・ストレージキャディはシンプルで無骨な雰囲気がかっこいい!これは男子も好きなデザイン。

文具女子博

右端の真ん中の段においてあるのがストレージ。別記事で詳しくご紹介します!

 

ハイタイドと、九州の地元パン、リョーユーパンのキャラクターマスキングテープ。可愛くてイチコロ。

文具女子博

 

よりみちノート/スターツ出版

雑誌「OZ magazine」を出版しているスターツ出版からは、街歩きをもっと楽しめる「よりみちノート」を。行ったお店など、自分メモを地図と一緒に残せるすぐれもの。

文具女子博 文具女子博

 

東京にある600もの駅から「あえてふだん降りない駅」を30駅チョイスされています。

見開きノートの左には、駅の周辺マップとエリアのおすすめショップ情報。右にはメモスペース。これは街歩きがはかどりそう。

現在販売しているのは、東京、鎌倉・湘南、京都、全国版。どれも欲しい…!

今回は東京版を買いました!これは次回以降じっくりレビューしますね。

こんなかわいい切手も・・・!

文具女子博

かわいすぎる切手!

 

琥珀糖/越之雪本舗 大和屋

新潟のお菓子屋さんからは、文房具をモチーフにした和菓子を。琥珀糖ってきれいですよねぇ。家族へのお土産に買いました!

文具女子博 文具女子博 文具女子博

かわいすぎて食べるのがもったいなくなりそう・・・!

 

 

SPONSORED LINK

 

測量野帳/コクヨ

文具女子博 文具女子博

シンプルなデザインが素敵な測量野帳。いろんなコラボバージョンが出ているそうで、滋賀の琵琶湖バージョンをゲットしました。他にも限定デザインがたくさん。ああ、全部かわいすぎてなやましい・・・!

・・・ということで、ざっくりですが気になるアイテムは見つかりましたでしょうか?

 

他にも気になったアイテムがたくさんあってまとめきれないため、別記事で明日公開しますね!→公開しました!文具好き女子必見!文具女子博2018で気になったアイテム

明日から日曜日までの開催、文具女子博2018へぜひお出かけください〜!

 

文具女子博・認定ガイドブックでたのしもう

週末に文具女子博へ行く予定の方は、事前準備としてOZ magazineが発行している公式ガイドブックをどうぞ。「文具女子博、気になるけど遠くて行けないよ・・・」という方も楽しめる一冊です!

 

文具女子博 開催概要

【開催日時】 2018年12月14日(金)~16日(日) 10:00~17:00<最終入場16:00>
        ※16日(日)は、16:00閉幕<最終入場15:00>
【会場】   東京流通センター 第二展示場 Eホール・Fホール
       (住所:東京都大田区平和島6-1-1)
【入場料】  500円 ※小学生以下無料、男性もご入場いただけます。
【主催】   文具女子博実行委員会
【公式サイト】 https://bungujoshi.com/

※ニューオープンの店舗や商品などのレビューのご依頼を承っております。詳細は「お仕事のご依頼について」へどうぞ。

 

文具好きなら、蔵前のカキモリも遊びに行きましょ。

カキモリで見つける、わたしのお気に入り文房具。オリジナルノート作りは、大切な人へのプレゼントにもおすすめですよ。

文房具やノート好き必見。「カキモリ」で見つける自分だけのお気に入り。

 

知られざる街の魅力をお届けします

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【ブログ更新】 フランス文具ブランド「パピエ・ティグル」のショップに併設するカフェへ。 フランスと日本の文化が融合するカフェで、お茶とどら焼きを楽しめますよー。 #浜町 #人形町 #日本橋 #東京 #tokyo #カフェ #中央区 #カフェ巡り #hamacho #cafe #スイーツ #写真好きな人と繋がりたい #カフェ好きな人と繋がりたい #東京散歩 #和菓子 #おやつ #sweets #dorayaki #あんこ #どらやき #お茶 #japanesetea #greentea #抹茶 #文具 #文房具 #文房具好き #文房具マニア #パピエティグル #かもめと街の東京案内

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK