リネンのカーテンを買うまで(カーテンの選び方・無印・麻素材)

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

引っ越しに伴い、カーテンを新調。 ロールスクリーンのすっきりした見た目がよくて、腰までの窓はそちらに。
掃き出し窓となると、ロールスクリーンはおすすめしないというのを読んで、 考え中。。
ウッドブラインドも素敵だけど、遮光性と断熱性には弱そうだし、なにより重いだろうし。。
そもそも、自分がカーテンに何を求めてるかがぼんやりしたので、まとめてみました。

なにかを決める時や買う時に無駄に悩まないように、まずは自分がなにを求めているかを明確にするのが近道!

その1 すっきりした見た目

遮光カーテンはすばらしいけど、生地の重さがネック。リネンで柔らかい素材感がいい。 触れた時の心地よさを重視したい。
あらかじめ生地に洗いがかかっているものを選べば、自分でも洗えるし、 洗ってくうちにクタクタになるのも楽しめる。

その2 外からの視線をうっすら遮る




場所柄、外からそこまで見える場所ではないので、全く見えない(に、重きを置くとまた生地が厚くなりがち) ものでなくても良さそう。 その3 日差しを抑える 寝室には遮光ロールスクリーンがあるので、それ以外のリビングは遮光でなくて良い。 むしろ自然光を取り入れたいから、昼間はカーテン不要。ただし夏は日差しが強そうだから、少しは遮るものを。 今まではなんとなく、遮光レースカーテンと遮光カーテンを使用していたけど、そもそも2枚いるのだろうか。。。という疑問も。 ということで結論。 ・カーテンは両開きの2枚にする (1枚のほうがすっきりしそうと思ったけど、日差しの強い日に半分だけ閉めることができるから。 心理的にもシンメトリーな配置が心に安定感をもたらすとか。また幅広の窓の場合、1枚だと洗濯する時が大変そう) ・レースカーテン&カーテンの2枚重ねにする (2枚重ねだと空気の層が出来るため、保温保冷効果が高くなるそう) そして、リネンものや機能性が高いレースカーテンが安いところは、ここ! 無印の素材感もよさそうなんだよね〜!麻平織の肌触りよかったなぁ。こちら  

 

SPONSORED LINK