北欧インテリアと、デンマークのコーヒー、スモーブローを楽しむ。halutaが〈frø(フォイ)〉を馬喰町にオープン!

ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ

SPONSORED LINK







〈haluta〉といちじくの話になると、長野の友人は色めき出す。食いしんぼうたちが多いせいか、美味しいものの話になると、口調に熱が入る。

「〈haluta〉のパンがおいしいんだよ」と、聞いたのはいつだったか。夫が長野にいた頃、上田へ遊びに行ったことがあった。今は〈NABO〉という本屋になった店舗は、入口が奥まっていて、ワクワクしながら入ったのを覚えている。

〈haluta〉は北欧ヴィンテージ家具を中心に、洗練された雑貨や服などを長野県で展開。以前は神田にカフェもあった。(現在、マーチエキュート神田万世橋の店舗では家具や雑貨・アパレルなどのみ。)

問屋街一色の馬喰町に、アートやカルチャーの印象をつけたアガタ竹澤ビルには、〈mina perhonen〉が入っている。そんなビルの1階にふさわしく、halutaは家具とギャラリーとカフェの店をオープンした。

今後、食に関するイベントも開催するとのこと。これからの馬喰町がもっと楽しみになっている。

ハルタで北欧ヴィンテージ家具の良さを知る。〈frø(フォイ)〉店舗外観

ハルタ 家具 北欧 馬喰町 カフェ

〈haluta〉のニューショップ〈フォイ〉は、馬喰町駅・小伝馬町駅近くの人気レトロビル・アガタ竹澤ビルにオープンしたばかり。

北欧の洗練されたヴィンテージデザイン家具と、じっくり向き合えるスペースです。店名の「フォイ」とは、デンマーク語で“種”という意味を持つそう。

ハルタ 家具 北欧 馬喰町 カフェ

 

halutaのこだわり家具がずらり。〈frø(フォイ)〉店内

ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ

ハルタの神田店で取り扱っている家具と比べると、色味が明るめで、北欧らしさのあるものを中心にセレクトされているそう。確かに、神田店のほうが落ち着いた色味で渋めな印象。

ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ

店舗のオープンについては、もともとこういう店をやろうとしていたところ、急にこのスペースが借りられることになり、オープンすることになったそう。家具やショップの内装計画を手掛けられた方へお話を聞くと、オープン前には1週間のうち、東京から長野県上田市を5,6往復されたとか…!

そんなドタバタを1ミリも感じさせないのは、さすがhalutaさんのセンスだな…と感嘆しました。

ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ

 

SPONSORED LINK

ヴィンテージの北欧家具を探すなら。〈frø(フォイ)〉で、オーガニックコーヒーを片手に。メニュー

ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ

デンマークのオーガニックコーヒーVaerk(ベアック)をオーダーできます。(日本での提供はここのみ!2019年7月現在)

わたしはアイスコーヒーをいただいたのですが、フルーティーで飲みやすい!浅煎りときいたので、酸味が強いのかな?と思いましたが、そんなことなかった!これは好きな味だ…!

ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ

今後、店内の中央にはオープンキッチンを併設し、デンマークの伝統的なメニュー・ライ麦パンを使ったスモーブロー(オープンサンド)が食べられるようになるとのこと!この辺りはパン屋さんが少ないので嬉しい!

ハルタ haluta 家具 北欧 馬喰町 カフェ

スモーブローに使う予定のライ麦の黒パンは、ちょっと酸味があるのが特徴なんですよね。

コーヒーの酸味はちょっと苦手だけど、パンの酸味はすごく好きなので、とても楽しみです。

今後、食に関するイベントやワークショップなども開催する予定とのこと。もちろん、インテリアや家具の相談もできるので、新居の計画をしている方はぜひ。

ぜひ、素敵なスポットが増えた馬喰町さんぽを楽しんでみてくださいね!

haluta(ハルタ)〈frø(フォイ)〉店舗情報

〈frø(フォイ)〉

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事