SMAP3人の退社を祝う!肩書きにこだわらない生きかた

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

今日はSMAP 3人の退社記念日です。

…退職する時って普通お祝いしますよね?

ということで、おめでとうございまーす!!

いちファンとして、新しいスタートが楽しみです。

以前、香取慎吾さんが「YouTuberになる」と冗談ぽく話していましたが、 それもいいんじゃない?って思ってました。 (決してTVに出ないというわけではなく。TVより自由そう。)

画家に転向するという報道もありましたが、 そもそもなぜ1つの肩書にこだわらなければならないのでしょうか。  

 

ひとつの道を極めよ、という呪い

今の時代は、多様な働きかたが認められつつあります。

その人が少しでも得意なら、その得意分野を生かせるような世の中に変わりつつあります。 「ココナラ」、などがいい例ですよね。

本業にするのは難しくても、少しでも役に立てそうな知識を持っていたら、 それを活かしてみる。 これって、誰しもひとつは持っています。やるやらないは別として。

そんなふうに時代の流れが変わっているのに、 なぜマスコミは今も昔もずっと変わらずに「呪い」をかけ続けるのでしょうか。

マスコミが「香取慎吾、画家に転向か?」と報道するたびに違和感を感じていました。 ま、ファンもそうでない人も信じてないと思いますけど。

ただただ、スキャンダラスに見せよう、 「洗脳させよう」という意図がミエミエの報道のしかた。 ほんとにもう、お腹いっぱいですから。

 

生き方はひとつじゃない

いろんな生き方があっていいじゃないですか。 ひとつの道を極める人もいれば、 いくつかの道を歩きつつ、社会に貢献している生き方があっていいはず。

あのような報道を見ていると、 そういう生き方に対しても否定して洗脳しようとしてるみたい。 「ただ叩きたいだけ」っていうのもわかってますけどね。

でも、その人がどんな活動しようといいじゃないですか。 「いろんな活動が楽しめるね!」、 そういう報道でいいじゃないですか。  

 

煽る報道はもういらない

誰も報道の言葉信じていません。

本人たちの生き様を見て、自分たちで解釈しています。

その解釈がほんとうに正しいか、正しくないか。 それは本人しかわからないのを知ったうえで、 自分たちの目で確かめているんです。

ゴシップニュースとしてアクセスが集められれば、 ワイドショーのネタになればいい、週刊誌が売れればいい。 そんなのはすべて滅びてしまえばいいと思います。

偏った憶測を流すテレビだけを信じている人は、もういません。

信用がおけないものは、見ないクリックしない買わないことで、わたしは距離を置いています。 それがわたしにできる戦い方だなと感じています。  

 

生きざまは、隠そうとしてもこぼれるもの

その人は、もうその人自身なので、何をしてもその人にしかなりえません。

どんな仕事をするにしても、どんな生き方を選ぼうとも、 その人らしさがどうしても出てしまう。 むしろそれが魅力なんです。

「アイドル」という枠で見られることで、 仕事や生き方を制限されることがたくさんあると思います。 だけど今は「アイドル」という言葉の概念が変わってきています。

今の「アイドル」とは、 その人自身の生き様を見せることで、信頼されて応援される人のこと。  

その意味で言えば、3人はこれからもずっとアイドルです。  

 

言葉で説明しなくても、伝わるものがある

環境を変えることは、大きな勇気がいること。

今まで通り、いや、今まで以上に、 肩書にこだわらずに活躍しようという姿勢を、いちファンとして感じています。

私はただのファンなのでファンであり、外部からしか物事を見られません。

テレビやラジオやファンの方のツイートを見て、 自分の解釈でものを見ているだけです。

できるだけ客観的に。

ただ、3人の今年の活動を見る限りでは、 どれも誠実に精力的に、言える範囲内で私たちに何かを伝えようとしてくれています。

その誠実な姿を見るたびに、きっちりフタをしていた気持ちがあふれてきて、 涙が出てきそうになります。

こんなに大変な時にも、信頼してくれる人に見せる姿は変えずに、 きちんと笑顔でいてくれること。

今まで見ていたような「いつも通り」でいてくれること。 その姿にとても励まされました。

3人には(もちろん残る2人にも)、今までの培ってきた信頼貯金があります。 きっと、その信頼貯金を使い尽くすことはないだろうなぁ。

だからまだ何となくさみしい気持ちはあるけれど、 全員の活躍を心から応援しています!

どうか今まで以上に、いろんな肩書きや枠を飛び越えて 活動していただければとてもうれしいです。

枠を超えた彼ららしさがもっと開花するようなお仕事を、 これからもずっと見ていきたいです。

誰か妄信的に信じることは、自分の認識を狭くすること。

それを心におきながらも、 わたしはこれからも5人を信頼しています。 さて。あなたは今回のこと、どう感じていますか?  

 

エッセイ | こころとからだを立て直す方法 | 暮らしの愛用品 | レシピとごはん | おとくな話

 

<RTやご感想などお待ちしております!> twitterはこちら→チヒロ@かもめと街ブログ

 

SPONSORED LINK